FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はプレイヤー

2012年10月20日 04:57

今日もたくさんの方々が新宿まで足を運んで下さって
本当にありがとうございます☆

数年ぶりに開発を再開なさる方が最近とっても多いようで、
無事に開発を終了させたり、
DSC_1868_Julia_Grunge_convert_20121020033956.jpg
数年とまではいかなくても久々にアナ研にいらした部員さんや、
「今回こそは!」と意気込んでいた部員さん、、、
アナ研でお会いしたみなさんが既に会員さんだけどすべて初対面、っていう
なんだかちょっとめずらしい日でした。

どうもありがとうございました。
定休日明けでアナルに飢えていた私の
今日の分のアナル欲は満たされました。







私はパフォーマーではなくプレイヤー。

唐突さはいつにも増して。

このブログは、プレイヤーである私の限られた自己表現の場なわけです。

なので、一体どんな風に記事を書こうが私の勝手。

誰にどうこう言われる筋合いもない。

私が書き綴った文章を読んで、

どう感じるか、どう捉えるか、それは個人の自由です。

どうぞご自由に。


私はこちらから拒否するというような安易な方法は取らないし、

言うべき事は直接言ってしまう。

もともと、回りくどいことは邪魔くさいと思ってしまうし、

真剣に向き合っていこうとするならば

多少言いにくいことでもはっきりと伝える事は必要だと思っているので。

ミルラの前身であるアシッドに入店してから

地道に続けているこのブログに書いている事はすべてが自分の本音。

その時々の自分の本当の気持ち。

そうじゃなければ、こんな早朝よりの深夜に何年も書き続けられない。

プレイヤーである私にとっては限られた自己表現の場だから。

病的なまでにアナルを欲しているのも、

日常を忘れられるようなエロさを求めているのも、

すべてが私の本当の気持ち。

どう捉えるかは個人の自由だけれど、

私は行動や態度が伴わない言葉には何の魅力も感じない。

そんなものは欲してもいないし、

果たせない宣言や言葉なんて私は逆に軽薄さしか感じられない。

だから私はセッションが始まる時に

いわゆる「ご挨拶」的なこともさせないし、「女王様」とも呼ばれたくない。

逆に私も相手の方を「奴隷」とも呼ばない。

「ご挨拶」したからってなに?

「女王様」って呼んでるからってなんなの?

私にとってそんなパフォーマンスはどうでもいい。

そういうことで性的興奮を覚えるのならばどうぞご勝手になさればいい。

「ご挨拶」したければお好きにどうぞ。

私は別に「奴隷」とは思わないけど、「女王様」と呼びたければご自由になさって。



そんなカタチだけのモノじゃないんだよ、私が求めているのは。



それはきっと、育まれていくもの。感じ取るもの。


それらが積み重なって「特別」になっていくんじゃないのでしょうか。









なぁーんてね。

明日も早いので今日はさくっと更新しようと思ってたんだけど。

やっぱりダメね、真剣に考えている事を極力語弊のなきよう

きちんと伝わるような文章にしようと思うと、私どうしても熱を帯びてしまう。

もういいや。

暑苦しいのは今に始まったわけじゃない。

どうせ書いてしまったし、このまま更新してベッドに入ります。



20日(土)は、14時半から20時受付でご予約可能です。
翌営業日21日(日)は12時から20時受付です。


おやすみなさーい!


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. Mistress Amane | URL | -

    べりぞうさん

    お返事遅くなってしまってごめんなさい。

    うぅッ。ありがとうございます。

    なんというか・・・私のブログを読んで下さって
    どう感じるか、どう捉えるかは個人の自由だけど、
    それはあくまでその方個人の捉え方でしかなく、
    実際に実物の私と会った時にはそこにギャップが生じるのは当たり前。
    その方にとって都合がいいことばっかりではない、
    ということを言いたかったのです。
    他にもいろんな意味合いも持たせたつもりで書いたんだけど、
    結論は「私はプレイヤー。上っ面だけのパフォーマンスなんてどうでもいい」ってことなのです。

    本当にありがとうございます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。