FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたあまねださ子のださださ日記☆6日目☆開発続きの土曜日編

2012年03月04日 04:37

こんばんわーん!
あまねださ子だよッ☆彡

どうしてこんな名前を名乗っているのか。
もはやお馴染みのこの事情の説明、
いつもブログを読んで下さっている方々は
うんざりしちゃってるかもしれませんが、
その詳細に関してはこちらをご覧下さい→http://mistressamane.blog62.fc2.com/blog-entry-607.html

今回の罰ゲームは私だけではないのです!
準ださ子となった「べらッティー」こと紫苑たんのブログを読むと
更にその経緯がよぉぉぉくわかっちゃうぞ→http://shionmyrrh.blog.fc2.com/blog-entry-163.html





さてさて。
週末土曜日、みなさんいかがお過ごしですか?
私は、1人でも多くのアナ充さんを増加させるため
相変わらずじっくりじっくり開発に取り組んでいます。
※「アナ充」とは造語です。
開発を終了させて女性のように何度も絶頂を迎えられるようになると
受け手側はそれ以前とは比べ物にならないくらい
アナルプレイが充実して楽しくなります。
アナル大好きな私は、攻め手側として多くの方々の開発をお手伝いさせていただき
アナルライフが充実している、ということなのです。
というわけで、受け手・攻め手どちらにおいても「アナルライフが充実している人」のことを
「アナ充」と呼んでいるのです。
以後お見知りおきを☆


本日は、まずはアナ研開発部から。
初回の部活動から約半年。
確かに期間は空いてしまっているけれど、
それでも2回目の部活動にいらして下さるというのは、
「アナルでいけるようになりたい」と真剣に望んでいらっしゃるんだと
感じずにはいられないのです。
それなのに、こんなだっさい名前を言わなきゃいけないなんてッ(´;∀;`)
「お久しぶりです。・・・あまねださ子です。」
「・・・はぁ・・・。」
ホテルに向かいながら経緯を説明するこの恥ずかしさと言ったら(>д<;)

久しぶりに挿入した私の指を、その動きを、
少しづつ少しづつ思い出してきたようで徐々に反応し始める。
前回以上の身体の変化があらわれてきた事が嬉しくて。
部員さんご自身がそれを自覚できてきた事が更に嬉しくて。
Nくん、どうもありがとう☆
次回の部活動でどんな風に変わっていくか、楽しみだねッ♪
万全の体調でまたお会いできるのを楽しみにしてまーす!

じっくり開発をすすめて部活動が終わる頃には
私の右手にはアナル線がくっきり!
iphone_20120303184255.png
※「アナル線」とはこれまた造語です。
開発をする時はかなり長時間アナルに指を挿入しっぱなしになるのですが、
身体が反応してきて圧力がかかると
挿入していない方の手にはない手相のような線ができるのです。
この線があるからといって手相的にどうこうというわけではなく、
ただアナルばっかりやっている、ということの表れなのです。



ミルラのセッションでも、初めてお会いしたお客様が
開発をご希望とのことでじっくりアナルに取り組んだり。
開発を諦めかけて拡張していたその直腸内は、
挿入した私の指に僅かながらに反応する。
実は。個人的な課題をクリアするには絶好のチャンスだったけれど、
そんな私の気持ちなんかよりも
優先すべきはお客様の望んでいる結果を出すこと。
というわけでフィストで開発なりー☆
iphone_20120304013144.png
身体は出来上がって絶頂に達していたけれど、
認識するに至らなかったのがほんっとーに!悔やまれるッ!!
でもッ。Kさん、どうもありがとネ☆
またこちらにいらっしゃる時には、
おさらいもかねて今日の続きをやって、
興味がでてきた緊縛もやって更に何度もいきまくっちゃいましょうネ♪
おみやげもごちそうさまでした☆
私、テレビで観たことがあって食べてみたかったんだよぅ!
しかもりんごもパイも大好きなんですけどッ(人´∀`)♪
とーってもおいしかったです☆
興奮気味におみやげの感想を書いてしまったけど、
「全然ださくない」とのお言葉もありがとネ!
またお会いできる日を楽しみにしています。





物理的な距離の問題もあるけれど、
結局は本人がどうしたいのか、っていうことなんだと思う。
開発を希望されるに至った経緯は人それぞれだし、
開発終了をどのくらい望んでいるのか、
その度合いも人それぞれ。
私自身がアナルが大好きだからといって
それを押し付けるつもりもないけれど、アナルでいけるようになったら
出し入れだけじゃないアナルプレイが楽しめるようになる、
というのは紛れもない事実。
続けるかどうか。乗り越えるかどうか。それも結局は人それぞれ。
ただ、開発を終了させてアナルでいけるようになりたいという
その気持ちが伝わってきたら
ご希望の結果を出せるよう私は全力で取り組みたい。
この両腕をアナルに捧げると決めたのだから。


アナ充の私は、アナルに関して書き始めるともうキリがないし、
どうしても暑苦しくなりがちなのでこのくらいにしておきます。

明日4日の日曜日、私のご予約可能なスケジュールは12時から20時。
要するにいつでもウェルカムです。

オヤスミナサイ。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。